カテゴリ:
こんにちは。あまりにもネタが無いので、自転車以外のネタを。
先日、母校の演奏会に出演させていただきました。吹きすぎて意識が落ちそうになった経験は初めてでした。もっと冷静に吹かないとね。演奏内容を書いても仕方ないので、自転車初心者から見た管楽器業界の不思議なところを。

1.楽器の値段差はどこでつくのか
自転車であれば「なんKカーボンつかってるよ」とか「TORAYのカーボン使ってる」など材質による値段差を証拠を元に(実際使っているかは確かめられないが、信じることは出来る)証明できますが(もちろん価格差はそれだけではつかないが)、楽器はどうなんだろう。すくなくとも「どこの真鍮をつかっています」などの記述は見たことがない(金管に限っては)。ホルンで有名なA社「真鍮に藁を混ぜている」とかいう意味がわからない噂(ホルン専門店の方に確認した所、疑わしいとのこと)がありますが。 「巻き」のデザインにお金を払っているのでしょうかね。あとは舶来品趣味も多少はあるかと(YAMAHA信者です)。とにかく、材質によって値段差をつけるっていうのがあってもいいんじゃないかと。

2.トレーニング
「楽器演奏は肉体労働」と宣うのであれば、スポーツからなにかしらのヒントを得ようとしても良いんじゃないかな、と。実際自分自身も自転車を始めてから吹き方が少し変わった気がしますね。たとえばハートレートをモニターしながら楽器を吹くともしかすると面白いデータが得られるかもしれません。金管系のハイトーン吹奏時の血圧心拍はアレなものがありそうです。 ただ、楽器をやると肺活量あがる、ってのは嘘だろ...(おれはくやしい)

なんだか素人臭くてアレですが、こんな感じですね。ネタがないんだ。今日はこんな感じで。 

TOKEN チェーンドロップキャッチャー

カテゴリ:
こんにちは、ちょっと久しぶりの更新ですね。
初めてのカーボンバイクの風物詩といえば「チェーン落ちしてBB付近の塗装もろともカーボンえぐった」ですね。アルミバイクなら見た目以外のダメージは少ないとは思いますが、カーボンだとちょっときつい。そこから吸湿してダメージ食らうかもしれませんしね。というわけでチェーンキャッチャーを装着しました。ところでこの金物の名前、本来は「チェーンウォッチャー」だそうです。それから色々派生してチェーンキャッチャーだとかチェーンドロップキャッチャーだとか果てにはチェーンウォッシャー(これは少ない)なんて記述もございますね。チェーンウォッシャーだといわゆる「チェーンのガラガラ」になるからね。もはや意味がわからないね。

0a7bbef7.jpg
 在庫の関係でゴールドになってしまった

今回購入したのはTOKEN製のチェーンドロップキャッチャーです。2100円でしたね。安い!っておもったけれど冷静に考えればどう考えても高い。まあ数が出ませんし仕方ないけれど。色はゴールドです。在庫の関係だ。
TIPS:「TOKEN」の発音は「トーケン」ではなく「トークン」(だと思うんだけど誰か知っている人)

■装着
4a3cfd05.jpg
 クリアランスは2mmが最適か

一穴タイプのチェーンキャッチャーの取り付けはとても難しいと言われています。ディレイラーの位置を決めながらチェーンキャッチャーの位置を決めつつネジを締めるから、らしい。でもさ、この方法面倒すぎだろ!! このタイプの取り付け方は単純に
1.インナーローに入れる
2.チェーンとチェーンキャッチャーをくっつける
3.間に厚紙(今回はたまたま手元にあったボトルケージの台紙)を挿入
4.トルクレンチで5Nm

でいけます。もうチェーンキャッチャーの存在を無視してボルト締めて勝手にいい感じのクリアランスで固定されます。 

■性能
540058d7.jpg
 まあ働いてる...のかな

これで本当にチェーン落ちしないのか、と言われると疑問符がつきますね。確実には言えないし。ですが、一応テストする方法はありまして、
1.アウターローにいれてぶん回す
2.一気にインナーに入れる
3.チェーンが勢い余ってインナーギアを超える
4.チェーンキャッチャーが優しく軌道修正
5.一件落着

という一連の流れができていたら成功でしょう(きっと)。 少なくとも安心感はありますね。チェーン落ちすると割と面倒だし。とりあえずカーボンバイクならつけておいても良いんじゃないでしょうか。今日はこんな感じで。

カテゴリ:

■とりあえずのスペック

FRAME          Ridley NOAH RS(13)

HEADSET          FSA integrated

SHIFTERS          Shimano 105

F/DERAILLEUR  Shimano Ultegra

R/DERAILLEUR  Shimano 105

CRANKSET        Shimano Ultegra-170mm/52-36

BB                  Shimano Ultegra-68mm/JIS

BRAKESET        Shimano Ultegra

CHAIN           Shimano 105

WHEELSET       Campagnolo ZONDA

TIRE              Michelin PRO4 Service Corse-23C

CASSETTE         Shimano Tiagra 12-28T

STEM             Syncros-80mm

H/BAR            Syncros-380mm

BAR TAPE          BBB-white

S/POST          RIDLEY NOAH RS

SADDLE         Selle SMP forma

ボトルケージはELITE CANNIBAL を装備するつもりです。小さいフレームだから普通のボトルケージだと取り出しにくいかな、と。その点CANNIBALは横から取り出せる(らしい)ので良いよね。名前が物騒だけど。チェーンキャッチャーはTOKEN製。在庫が無いからってゴールドにしてしまった。どうなることやら。

■ポジション出し

スコット君のときはサドルを前上がり2°にしてたんだけど、NOAH RSの付属のポストだとどう頑張っても水平以上にならなかった(付属のネジを変えても)。つーか付属のネジだと前下りにしかならない。 とりあえず水平で頑張ります。SMPはケツが滑る印象があるから前上がりにしておきたかったな。サドル前後位置もオーソドックスな「クランク90°の時に膝のお皿とペダル軸一致」位置にしました。前はこの位置よりも30mm!ばかり後ろでした。乗り換えを機にもう一度「普通」のポジションに戻そうかと。

■SB値
このサイトに詳しいことが載っています。各自の最適SB値も算出できるみたいなのでぜひ。自分の場合はSB値はサドル高の0.96倍でした。標準的。ステム80mmでほぼぴったりです。嬉しい。ちょっと窮屈な感じもあるけれど、長距離になるとちょうどいいかもしれません。

■ハンドル落差
てかさ、ハンドル落差ってどう決めるんだよ!! もちろん乗ってて無理の無い落差にすべきなんだろうけれど。シマノのバイクフィッティングで測ってもらった所、72mmとのこと。いやいや出し過ぎだろう...きついよ。今は落差約60mmです。あと5mm落とすかどうかはまた乗り込んでから決めようかと。 

■結論
乗る。そうしないといつまでたっても結論は出ないね。今日はこんな感じで。

NOAH RS 組み立て その2

カテゴリ:
こんにちは。前回はワイヤー張りまで終わりました。次からはいよいよバイク組み立ての花型であるコンポ組み付けですね。やっと地味な作業から開放されます。嬉しい。
IMG_0762[1]
前回:気力を失いかけたワイヤー引き(セットしたアジャスター壊れてた)

■クランク周り
IMG_0763[1]
BBはわりとかっこいい、の図
 
さて、コンポ組み付けを始めましょう。とりあえずボトムブラケット&クランクから。今回はどちらもUltegraグレードを使用しました。NOAH RSはJIS規格の68mmを使います(PASSPORT参照)。 クランクは170mmを使っています。本当は167.5を使いたかったんだけどさ、DURAグレードでしか出して無いからね。そんなにお金ない。ボトムブラケットは工具使って全力で閉めましょう。指定が40Nm?とか書いてあった気がしなくもないけどこんなトルク絶対出せない。緩まないように神頼みしておきました。クランクはニュルッと入りますね。プラハン使って押し込む人も結構いるみたいですが、特別そんなに力はいらなかった感じ。クランク取り付けボルトをしっかり(プラだから無理はできないけれど)締めてがたつきがなければ良いかな。

■フロントディレイラー取り付け
IMG_0764[1]
 こんな工具がついてくるよ、の図

68のフロントディレイラーはポン付けできないみたいです。理由はコンバーターの存在。コンバーターといっても、出ている杭の位置を変えてワイヤーのルーティングを変えているだけみたいですが(見た目ではそんな感じ)。とにかく、この専用工具をセットして、この真中の線より左か右かでコンバーターON/OFFを判断します。コンバーターON/OFFは後ろから2mm?のアーレンキーを使って回すだけ。これは簡単。あとはサポートボルトもセットしなければいけません。アウターギアと平行ではなく、ほんのちょっと斜めに取り付け後、サポートボルトをつきだして平行にセットし直します。変速の時の支え棒になるわけですね。もちろん台座のプレートをセットしないと多分フレームに穴あきます。
IMG_0765[1]
長い道のりだった

これらの設定が終わったら(実際は簡単)、変速調整をするだけです。 アジャスター壊れてたのでとてもきつかったです...あとでワイヤー引き直します...
TIPS4 アジャスターは新品を使おう 

■バーテープ巻
cc2bcf9a.jpg
 下地はしっかりと、の図
これでほとんどの作業が終わったので、バーテープでも巻こうかと。バーテープを巻く前にワイヤーをビニテ等でがっちりと固定しておくとフィーリングが良くなるそうです。あんまり変わらなかったけどね。バーテープ巻は慎重に。やけになって巻いていたら大変なことになりました。

■小物取り付け
あとは小物を取り付けます。こういうのが一番楽しい。ですが、まだボトルケージが届いていないので今はスコット君から移植。GARMINのセンサーも取り付けましたが...
c9b016f6.jpg
 なんだこれ

チェーンステーがムキムキしすぎなせいでこんな格好になってしまいました。スポーク巻き込みそうでこわいので違うセンサーを注文しています。無駄な出費だ。

■完成
992a0b7a.jpg
 ムキムキしてるぜ、の図
ステムがなぜか100mmになっていたりしますが、とりあえずは完成です。無事に走りました。レビュー(とはいえないようなもの)でも書こうかと思ったのですが、それはもうちょっと乗ってからにします。今日はこんな感じで。 

NOAH RS 組み立て その1

カテゴリ:
こんにちは。わいわいセール対象フレームの受け渡し解禁日が15日らしく、ようやく受け取れました。と、いうわけで早速ですが組んでみました。一日で。だから日記とか書いてたけど変更だね。
画像1

フレーム届いたぞ、の図

電車でショップに行ったので、もちろん持ち帰りも電車で。ビニールに梱包してくれたので問題は無かったのですが、目立ちすぎ。普通の人は自転車のフレームだけでは買わないらしいですね。警備員さんに目礼されました。
TIPS1 持ち帰りは車で(免許持ってない)
◾︎組み立ての順序
NOAH RSはワイヤー内装なので、ボトムブラケット等を先に取り付けるととんでもないことになります(ワイヤー張り出来なくなる)。なので、ハンドルやブレーキ、リアディレーラーを取り付け→ワイヤー張り→ボトムブラケット・クランク・フロントディレーラー取り付け→その他の順で行こうかなと。

◾︎フレーム下処理
画像1

瞬着大事かも、の図

フレーム購入と同時に、シートポストやコラムのカットもしてもらいました。あんなに長いシートポストはいりませんし、まず下げられなくなります。MINIMUM INSERT書いてあるね。
画像1

これな

カーボンをカットしたときに困るのが断面の処理ですね。そこから吸湿したりばらけたりするそうです。ですから、瞬間接着剤を染み込ませて断面処理をするらしい。それを忘れると後で面倒だ(になるかもしれない)からやろうね。多分お店ではやってくれてないよ。
TIPS2 カーボンのカット断面の接着剤を息で吹いて乾かしてはいけない(カーボン粉って目に入るとすごく痛いんだよ)

◾︎ハンドル取り付け
スコット君からハンドルはそのまま移植したのでSTIもそのままでした。ここはトルクレンチ使って均等に締めるだけですね。コラムの締め付けトルクの指定が書いていなかったので、ここは4Nmで締め付けました。割れてないから大丈夫。ちなみに添付文書には、カーボンステアリングコラムの締めつけトルク:10-13Nmになっています。そんなに締め付けて大丈夫なのかな。

◾︎リアディレーラー取り付け
ディレーラーハンガーに緩みどめ(ロックタイト222)を塗っておきました。ここは滅多に触らないしね、緩んだら大変です。ロックタイトを塗ったらいい感じで締めておけば大丈夫でしょう(多分)。

◾︎ブレーキ取り付け
画像1

ロックタイト大好き、の図

ここもロックタイトを塗っておきます。マニュアルにも再取り付けのときは緩みどめ塗れって書いてあるしね。ここも簡単…かと思ったら、ちょっと問題が。
画像1

はっきり書け、の図
ここの項目。「10mm以上の取り付けナットつけるなよ」ってあるんですが、付属品に20mm近い長さのブレーキ取り付けナットのようなものが。迷った結果、長いナットはフロントブレーキに使うことにしました。もちろんしっかり固定できているので問題ないでしょう。リアは10mmのナットで。こちらも大丈夫でした。ちょっと不安なのでRIDLEYに問い合わせ中。
【追記】リドレーに問い合わせたところ、フロントブレーキには付属の長いナットを、リアブレーキには10mm(以下)のナットを使用すれば良いとのことでした。

◾︎難関?のワイヤー張り
画像1

BGMが「未知との遭遇」だった、の図

スコット君もワイヤー内装のフレームでしたが、一からワイヤー張りをしたことがないので心配でした。でも、このフレームは簡単でした。リアブレーキ用の穴がトップチューブにあるのですが、ここはご丁寧に穴だけ空いているのではなく、ガイドのようになっています。要するにワイヤーを押し込むとそのまま勝手に誘導されて出口まで来ます。簡単だー!!問題はシフト用ワイヤーでした。まず、フレームに接するアウターキャップの材質ですね。金属だとフレームが割れそうで少し怖かった。これはリドレーに問い合わせ。「金属・プラどっちでもいいけど金属だと塗装はげるかもよー」という回答を得たので、アウターキャップはプラスチック製にしました。ダウンチューブ上の入り口からワイヤーを押し込むと、ボトムブラケットのところに到着。そこからフレーム下の穴に通すだけなので一応簡単。
画像1

ライナー芸失敗、の図
BB下ケーブルガイドにライナー通してフリクション下げる&汚れ防止を狙いましたが、これは失敗。抵抗が増えます(狭すぎる)。普通に行きましょう。ケーブルガイド通したら山場は越えたので、後は適当に。
TIPS3 ライナー芸は難しい

長くなったので、今日はここらへんで。続きます。

トルクレンチが届いた

カテゴリ:
こんにちは。先日トルクレンチを購入したんですが、届いたので早速使ってみました。

とりあえず開封編

2a9bfb2b.jpg
表面ロゴが謎のケース、の図

後ろのキーボードと比較すればわかりますが、割と横長ちょっとデカい思ったよりもしっかりしていて良いんじゃないでしょうか。そんなことより表面のロゴ10101010101010101010......とても気になる。理由を聞きたい。 

37064b6d.jpg
校正証明書が入っている、の図
 
ケースを開けると抜粋版校正証明書が貼ってあります。

163713be.jpg
これな

すごく怪しい(気がする)商品ページ校正証明書と日付が一緒。まとめて一気に校正したのかな。よくわからないけれど。まあ内容は違うのでそういう野暮なことは言ってはいけないですね。(怪しい)

122d48c4.jpg
 こっちは説明書と一緒に入っていたやつ、の図

説明書と一緒に抜粋版ではない(と思われる)校正証明書が入っています。ちゃんと読むのが割と面倒なので割愛しますが、要するにXX(N・m)測定時にはこれくらいの誤差ですよ、ってことだろう。13/10/25現在で。一応インスペクターのサインが入っている。印刷の。 

使ってみた

0590ad8f.jpg
ビットの精度がとんでもない、の図

電池を入れるのに少し手こずりました(キャップが抜けない)使い方は簡単。Cボタンを押して電源を入れ、∧∨ボタンで設定値を変更するだけ。トルクをかけていくにつれ
ピッ......ピッ......ピッ......(設定値の90%から鳴り始める)
ピッ ピッ ピッ ピッ
ピピピピピピピピピピ
ピーーーーーーーー(詳しくは商品ページの動画を見てくれ!)
といった感じでアラーム鳴らしてくれます。アラームだけを頼りにしなくても、画面にはトルクがリアルタイム表示でされているので目安にはなります。とても便利だー!しかしビットの精度がまずすぎる。まずボルトにスムースに入らないそして抜けない。当たりが出るまではボルトからではなくトルクレンチからビットが抜けていきますやめてくれ例のトルクレンチもビットだけ完全に他のものに変えているあたり、やはり精度がまずいのでしょうか。

◆結論
安くてまあまあ使えるデジタルトルクレンチ。小型軽量でとても使いやすい。ただビットの精度がひどすぎる。買い替えを推奨。ってところでしょうか。あとは耐久性ですね。もうちょっと使い込んでからもう一度レビュー出来れば、と。今日はこんな感じで。

◆追記
この商品について、販売元に問い合わせたところ「保証期間は一年間で、ぶっ壊れたら無料修理」の言質を取りました(言質はウソ) 。校正は工賃2500円でしてくれるそう。説明書によると一年に一度は校正を、らしいよ。

トルクレンチに悩む

こんにちは。だんだん納車が近づいてきて変な緊張しています。
一応こんなことをして綿密に(ウソ)購入計画を立てています。

97ac0358.jpg
手帳に書いた購入計画、の図

「一万五千円くらいで済むかな~」と思っていました。実際それくらいで済んでくれないとクレカの不渡り起こしそうですしね。ですが、NOAH RSは初めての カーボンバイク。カーボンバイクといえばもちろんトルクレンチが必要ですね。これには賛否両論あるらしいけれど、少なくともプロじゃないんだしあったほうが良いに決まっています。これが安くておすすめらしいですね。





ですが、レビューにある「メモリがビニールシートへの印刷」とかいうところに引っかかりました。これだと消えちゃうんじゃないかな、と。実際そんなことは無いらしいですが。で、どうしたか。何を血迷ったのかデジタルトルクレンチを購入しました。アホがやることです。
PWT デジタル トルクレンチ 1〜20N/m ビット付属【PDT-120】
PWT デジタル トルクレンチ 1〜20N/m ビット付属【PDT-120】
これですね。実はこれ、製造元がT◯PEAKのトルクレンチOEM元と一緒らしいです。写真見るとそっくりだね。ボタンのところとか全く一緒だね。仕様もそっくりだね。LEDはついてないけど。この商品、レビューが無くて不安でしたがここは人柱として購入しました。追ってレビューします。デジタルのピピピ↑っていう音がたまりません。なお価格は一万円を切っています。T◯PEAKのトルクレンチなんて二万円超えてますからね、しっかりした製品であればお得かも。今日はこんな感じで。

SCOTT SPEEDSTER S25

カテゴリ:
ブログを始めたらネタがどんどん湧き出てくるんだろうな~、なんて思ってたけれど、そんなコトありませんね。とりあえず自分のバイクを記事にするのが定石っぽいので、やってみることに。(ちなみに「定石」って「じょうせき」って読むらしいよ知らなかった)

df9b41db.jpg
初めて合宿に参加した時、の図(この後落車した)

SCOTT SPEEDSTER S25(13)です。ジャパンスペックとかいうやつで、初期のステムとかが多少短め(80mm)になっています。初期の装備からいろいろなところが化けたのでご紹介すると

◆初期 

05e29f56.jpg
幕張の海に遊びに行った、の図

ほとんど何もいじってません(金がなかった)。STI/RD/FDは105だったし、そこまでは不満がなかった。 ホイールはよくわからないヤツ。多分ALEX RIMS。重量は測ってないのでよくわからないですが、クロスからの乗り換えなので「なんだこれ速ええ」と喜んでいました。その後東京湾一周に挑戦するため、GARMINのeTrex20を購入。電池超長持ちするし安定感あるしで最高でした。

◆中期

45100376.jpg
また幕張、の図(今度は縦長)

その後ケツの痛さに耐えかね、サドルをSelle SMPのformaに変更。表面カッチカチでどうなるのかと思いましたが、フィットすればもう他のサドルには戻れないくらい素晴らしいものです。難点はとても高価なこと。中古でも1万円超えるとはね... サドル変更によってポジションも多少変化したのでステムを変更。100mmのステムになってしまった!(オタクバイクだ) ブレーキの引きが異様に重かったため、インナーワイヤーをジャグワイヤーのテフロンコーティングしてあるものに変更。左前ブレーキにすることによって大幅にフィーリングは良くなった。見た目もスッキリしてていいよね。バーテープは同時に黄緑にしました。今流行のビタミンカラーですね。初期のモコモコしたよくわからないバーテープよりも全然触感が良くなりました。バーテープはケチっちゃいけないね。 サイコンもcateyeから定番GARMIN EDGE500に変更。憧れのピロリ音をまき散らしています。停車した時のあのピロリ↓がたまらないですね。

◆最近

df9b41db.jpg
 冒頭と同じ、の図

その後ブレーキキャリパーとクランクをUltegraに交換しました。クランクは初期165mmだったので170mmに交換。割と回しやすくなった気がします。バイオレーサー測定での適正値は167.5mmでした。身長の割に足が長い(らしいが身長がアレなので自慢にはならない)。ホイールもZONDAに。こいつは落車しても振れないし、本当に丈夫ですね。まだ購入して三ヶ月たってないけど。 なおこの図のクランクはUltegraじゃない、というのも合宿では山を登らされると聞いたからだ!Ultegraの方は見栄を張って52-36を購入しちゃったので、危険だと思い初期クランク50-34に変更しておいた。

◆その後
このフレームに特に不満はなかったが、YYセールっていう変なイベントに巻き込まれて新フレームを買ってしまった!だからこのスコット君は合宿とかローラー用になる見込み。ただ、NOAH RSにほとんどコンポをかっさらわれてしまうため、しばらくはお家で待機。今日はこんな感じで。

調子に乗ってブログを始めた

カテゴリ:
IMG_0717
◯s roadで契約している、の図

新しいフレームを買ってしまったその勢いでブログも始めてしまったー!購入したフレームはRIDLEY NOAH RSの2013年モデル。一年待って型落ち2014年モデルでも良かったんだけど、為替の影響受けまくって絶対高くなるし増税もするしで高価なフレームを買うのはこれが大学生活ではラストチャンスかな?と。ハイエンドフレームでは無いけれど、個人的にはめちゃくちゃ高かったし(四割引だけど)満足しております。パーツは旧フレームから移植もあるけど、少しは新品パーツも入れるつもりです。消耗品類はぞくぞくと着弾予定。今日はこんな感じで。

このページのトップヘ

見出し画像
×