カテゴリ:
6月に入りついに梅雨に入ってしまいましたね。ロングライドに出かける絶対雨にふられるので勘弁して頂きたいものです。別に雨に濡れるのは気にならないのですが、タイヤが滑ったり(落車経験アリ)レバーが滑るのが嫌ですね。特にシフト汗などでも滑りやすいのでなんとか対策しようと思っていました。というわけで、今回はそのちょっとした加工について。

■材料

2014-06-11-10-09-51

150番の布やすり+両面テープ(と型紙)

滑り止めの材料をハンズで必死で探したにも関わらず、あまりよいものがありませんでした。なので、紙やすり+両面テープ作戦で行くことにします。少しでも丈夫なもの、と布ヤスリを選択したのですが、実は布ヤスリには耐水性が無いらしいです。だから耐水ペーパーのほうがいいかもしれません。番手は#150を選択。#100はザラザラ過ぎて手を痛めるし、#200だと滑り止め効果が低かったりします。 あとはレバーに合わせて...と

■完成

2014-06-11-10-48-37

 シフトアップ/ダウンそれぞれに一箇所ずつ

小レバーは全面に貼りましたが、大レバーは先の方に少しだけ。これは下ハンを握った時に使うところだけを狙って貼ったものです。下ハンのときは特にシフトレバーが滑りやすい感じがして...ってやつ。両面テープなので飽きたらはがせます。ブレーキに関係するところには貼っていないのできっと安全です。

■で、どうなの?
いや、これはただの自己満足です。しかし、レバーが滑りにくくなったのは確かなので、その点は評価できるでしょう。まあ今までレバーが滑って困ったことなんて無いけれど。シクロクロスではレバー部に砂を混ぜた接着剤を塗って滑り止めにする、なんてことがあるらしいですが、ロードバイクでは殆ど聞きませんね。ロングライドでもできたら改めて評価することにしましょう。個人的にはこういう加工がとても好きで、楽器のレバーにも一時期滑り止めのスポンジを貼っていたくらいです。人と違う、っていうのが好きなのかもしれません。おわり。 追記:結局この加工はやめました。指を怪我しそうです。