カテゴリ

カテゴリ:GDR METEOR HYBRID

GDR METEOR HYBRID組み立て

カテゴリ:
フレームが届いた(ずいぶん前に)ので、組み立ててしまいましょう。

DSC_0107


組み立てについて

コンポについては基本的にすべてNOAH RSからの載せ替えなので、6800ULTEGRA(変速系パーツ)+9000DURA ACE(ペダル・クランク) です。ただ、メテオハイブリッドのフロントディレイラーはバンド固定なので、バンドアダプターのみ購入しました。バンドアダプターは安い方で充分。高い方(D/Aグレード)はDi2のケーブルを通す穴があるとかいう話ですが、機械式なので。

シートポストは新規購入。トムソンのエリートシートポストを購入しました。

DSC_0100

ブルベ出走時にはだいたいApiduraのサドルバッグを装着しますが、その際にトラブルが起きてほしくないため金属製で剛性の高いものが欲しい。また、アルミの割にそこそこ軽く(下手なカーボンシートポストよりも軽量)、比較的安いので助かります。ヤグラの作りがとてもしっかりしていて、Selle SMPを確実に固定できます。
 
DSC_0103

 トムソンのシートポストを買うとついてくる袋。可愛いんだけど使いみちがない・・・

DSC_0112
 
さて、箱からフレームセットを取り出しました。塗装がとても綺麗です。ちなみにフレームセット重量はNOAH RSよりメテオハイブリッドの方が100gほど軽いです。


付属品はプレッシャーアンカーとカーボン製のトップキャップ、シートクランプ(2本締めタイプ)、ヘッドバッジとチェーンステープロテクター、あとは説明書とユーザー登録のハガキでした。


 チェーンステープロテクターはAmazonで買ったbirzmanのものを使用しています。手作業で切ってるのか?ってほど切断面はガタガタでしかも折れてました。貼ったら目立たないので気にしていませんがどうなんだこれは………。

チェーンステーのBB近くには、チェーン落ちの際にフレームを保護するためのアルミテープを貼りました。高級フレームにはあらかじめ金属製のプレートが貼ってあったりしますね。あれのパクりです。効果があるかはわからないですが。使ったテープは、タミヤのラジコン用のアルミグラスメッシュテープです。

 
本来の用途は、ボディのサーボが当たるところを保護したりマフラーの熱からボディを保護したりするものです。

 

ブレーキを取り付けたりディレイラーを取り付けたり…

 
ハンドル周りは以前から使っていた3TのROTUNDOとARXステムです。

 
シートチューブ側のボトルケージはFD取り付けバンドと干渉するので、一部をニッパー等でカットしヤスリで整えます。


完成
 
なんだかんだで割と簡単に組みあがりました。ワイヤー外装&スレッドBB最高!!!
これまで組んだことがあるフレームは少ないんですが(SCOTT SPEEDSTER,RIDLEY NOAH RS, CANNONDALE SUPERSIX EVO HI-MOD)、 今までで一番組みやすかったかも。

  
フルクラム・レーシングゼロを履かせるとこんな感じになります。ボトルケージの位置がとても良い感じです。特にシートチューブ側のボトルケージ位置はホビット族にとって死活問題ですから。付属のシートクランプが素晴らしいです。低トルクでしっかりと固定できています。

 
ワイヤー外装って見た目が多少ごちゃごちゃするのと洗車時にめんどくさいですが、それ以外はデメリットが無いと思います。エアロ効果?ほんの数ワットは悪くなるかも?でも組みやすいしシフト動作も軽いですし内装するメリットって殆どないのかも(Di2除く)。 ちなみに、シマノのマニュアルはシフトワイヤー内装について「きちんと動作するかわからないからダメ(要約)」としています。

 
 

GDR METEOR HYBRIDを購入しました

カテゴリ:
落車してフレーム(RIDLEY NOAH RS)にクラックが入りました…
…………。
まさかの複数箇所

幸いにも身体は無事で、小さな擦過傷が数カ所だけでした。この衝撃がそのままヘルメットに加わっていたら…と考えると恐ろしい。
というわけで、翌日にフレームを購入しました。そこで選んだのが、GRAPHITE DESIGNのMETEOR HYBRIDです。まさかのカーボンバック。翌日に購入したとはいえ、いろいろと考えました。


グラファイトデザインとは?

株式会社グラファイトデザインhttp://www.gd-inc.co.jp/

主にゴルフシャフトの生産をしているようです。シェアも高く、ジャパン男子ツアーにおけるドライバーでの使用率はNo.1だとか。ちなみに石川遼選手も使っています。ゴルフって数回しかやったことがないので知らなかったんですが、シャフトは別売りにもなるんですね。完成車とフレームでバラ完の違いなのかな?

そのグラファイトデザインが、カーボン製のゴルフシャフト製造で培ったノウハウやら「しなり」の知識を生かし、ブリジストンで自転車設計にあたっていた新矢氏を招いてフレーム製造に乗り出したとか。

もちろん、グラファイトデザインは圧倒的にゴルフシャフトの方が知名度が高く、また売り上げもあるそうなので、その名に傷をつけないという条件の元で自転車販売を認められたらしい。話を聞く限りでは期待が膨らみます。

試乗しました(ハイブリッドではない)

試乗をするために、はるばる埼玉県のARAKAWA GALENGEさんまでやってきました。ただ、ハイブリッドは試乗にないそうなので、実際に乗ったのはほぼトップグレードのMETEOR LAUNCHです。それにしてもメテオランチってすごい名前。日本語に訳すと流星発射台ってところでしょうか。

「モデルが違うから参考にならないじゃん」となるかもしれませんが、実はメテオとメテオハイブリッド、フォークとシートステーは同じものを利用しています。ハイブリッドは前三角がアルミになっているので、突き上げ感はあるとは思いますが多少は参考になるかな?と思い試乗。

あいにく体調が良くありません(ケガもしてたし)でしたが、乗り出しの軽さが印象に残りました。それと、フォークがめちゃくちゃ良い感じです。しなりについてはパワーが無いのであまり感じませんでしたが、ケイデンスを上げるとスイスイ進む印象です。逆にケイデンス低めだと進みずらいので、リズム感が大切な感じ。

試乗の感想はとにかくフォークが凄い(凄そう)というところですかね。メテオハイブリッドも同じフォークを使っているのなら期待できるってわけで注文。自宅に配送されました。
フォントがなんか良い
 
箱が…デカい…

組み立ては次回以降アップします。



このページのトップヘ

見出し画像
×