カテゴリ

カテゴリ:乗る

喜多方600に向けて自転車を整備しました

カテゴリ:
長い間ブログを放置したらブログの書き方を忘れてしまいました。
放置している間にBRM801金太郎200とか新潟ヒルクライムに出走など、地味に走ってはいたんですが。
というわけで、今週末に行われるBRM919千葉600喜多方に向けて自転車を整備しました。


シフトワイヤー交換
 
ローラーでもりもりトレーニング(では無いけど)していたら切れました。バーテープ巻いて2日後に。
切れた場所は運悪く(そして予想通り)シフター内部です。9000/6800系はシフターの構造とポリマーコーティングワイヤーのせいでワイヤーが持たないと言われてますね。でも1年半は持ちました。シフター内部で切れた場合はブラケットフードを外してシフター下部を開くと簡単に取れるので覚えておくといつか役立ちます。

さて、NOAH RSはワイヤー内装&BBをはずさないとワイヤーが通せないというクソ設計で知られています。
ワイヤー内装の場合、何も考えないでシフトワイヤーを通すとダウンチューブ内でリアとフロントのワイヤーが絡まっちゃうことが非常に多いです。絡まっちゃうと変速が絶対決まらないです(多分)。

というわけで、ワイヤー内装フレームの場合はマグネットを使って誘導すると 通しやすかったりします。

 
まずテキトーにワイヤーを通してBB穴から出します。出てきたワイヤーにスピードセンサー用のマグネットを装着。シフトワイヤーの直径でもガッチリと固定できます。 で、固定できたらワイヤーを引っ張ってダウンチューブ上部の入り口まで戻します。

 
ダウンチューブ上部のシフトワイヤー入口まで戻ったら、他のマグネットを使ってフレームを挟んでくっつけます。あとは外にあるマグネットを動かせば同時にシフトワイヤー側のマグネットも動いて誘導できるというわけです。マグネットを使う技って常識らしいですが、このやり方でいいんですかね?多分邪道な感じですが、きちんと通ったので結果オーライです。 

ちなみにワイヤーは指定のポリマーコーティングワイヤーではなく、シマノのPTFEワイヤーを使っています。ポリマーコーティングワイヤーはコーティングを巻き付けてある分微妙に細いらしく(自分で調べてないのでわからないけどそうらしい)、耐久性が落ちているそうで。しかもあのコーティング、めちゃくちゃ剥げるしアウターワイヤーの中でコーティングのカスが詰まったりしててちょっと嫌な感じがあったんですよね。なのでPTFEにしました。操作感はほとんど変わりませんね。ポリマー新品に比べると若干重いかな?という感じですが、それでも全然軽いです。あとは耐久性。


BB下ワイヤーガイド交換
 
BB下のワイヤーガイドってすぐにぼろぼろになりますよね。雨風汚れにさらされているし、ワイヤー通る穴が微妙にズレててガイド自体がゴリゴリ削れていくし。というわけで交換します。

一応NOAH RSは専用のワイヤーガイドが必要なようです。が、よく見るとSHIMANOのケーブルガイドと形がそっくりなので、SHIMANOのものを切って使うことにしました。時間もないし。
ケーブルガイドとフレームのRが合わない場合は、ドライヤーで温めれば簡単に曲げられます。フレームを温めないように注意。

固定ビスの穴が小さかったので、これもリーマーか何かでゴリゴリ削りました。で、完成。

 
長さも自由に設定できるのでいい感じできました。紫色のケーブルガイドは低摩擦樹脂のもので、ちょっとだけ高級です。手触りも普通の樹脂とは違ってちょっとヌルヌル?した感じでいかにも低摩擦感を醸し出しています。  

BRM529千葉400Km(ほたる)装備編

カテゴリ:
今回は装備について反省します。

IMG_2422
・自転車本体
今回はパンクしませんでした。というか、前回のブルベ(BRM523足尾300K)でタイヤを切り裂いたようなパンクをしたのが異常というか…。PanaracerのRACE Aは相変わらず信頼しています。ただBBは死んだ模様です。

GPSとかライトとか
・GPS
eTrexは400キロ(うち100キロ夜間走行のためバックライト点灯)走ってもバッテリー交換が不要でした。残量的には600くらい行けそうな勢い。やっぱりスゴイ。
ただ、振動が多いところでいきなり電源が落ちることがあり。バッテリーの接触が悪くなったのかもしれない(どうやら持病らしい)。対策としては、コンデンサを入れるか通電性のグリスか。コンデンサは容量もそうだけど、まずチップコンデンサなんて実装できねえ…

あーedgeはバッテリー持ちませんねやっぱり。PCにいる間に充電すれば十分持つとは思いますが。

・ライト
スルーナイト(TN-12)のライトは頼りになりました。配光がワイドで中心部が若干明るいのと、そもそもが明るいので。他のライトに比べ明るいのに電池の持ちは同じなので素晴らしい。防水対策もネジ部にグリスを塗れば大丈夫。ただ高い。
電池は(ナイトスタートということもあり)交換しなくてもなんとかなりました。二回目の夜に走行するのであれば交換が必要になりましたが。

リアはX-TAILとRAPID5をシートステーに固定。防水もしっかりしているし、こちらも装備変更は不要そうです。

IMG_2436
 左ステーにRAPID5、右ステーにX-TAIL

・サドルバッグ
Apiduraのサドルバッグ最高すぎて文句は何もありません。ただ、防水は若干甘いので、中でビニール袋に入れるなどの工夫は必要そう。

・充電器
IMG_2131
 
XTAR製の充電器を導入しました。18650電池をAC電源から充電することもできるし、逆に充電した電池を入れればUSB電源としてもつかえるってもの。作りもしっかりしているし、USB電源としての出力もそこそこ。一つ1500円位だった気がするので今すぐAMAZONで買うことをおすすめします。

ウェア類
・雨具
今回はコンビニカッパを急遽購入。丈が異様に長いので、半分くらいのところで縛ってしっぽをジャージの中へINしたら意外とフィットしました。上から蛍光ベストで押さえつけちゃえばバタつきも少ないですし、キャップもヘルメットの下にすれば上からの雨も何とかしのげますがおすすめしません。 
お金に余裕が出来たら上だけでもきちんとした雨具を購入したほうが良いかもしれないけど使わないんだよな…そしたらコンビニカッパで済ませて途中で捨てるのもアリだし…

・レーパン
パールイズミのプレミアムビブの3D Neoパッドは400走っても擦れないし値段なりの価値があると思いました。圧迫の痛みはどうしようもないけれど、擦れの痛みは対策でどうにでもなる問題だと思うので。一応ニベアクリーム(青のやつ)を持って行きましたが、使わずに済みました。

・アイウェア
IMG_2404
中強度数ですが歪みは少なく、厚みもそこまで目立たない 
 
上野御徒町のオードビーでオークリーのレーシングジャケットの度付きをつくってもらいました。値段は相当しましたが、馴れると視野の歪み(もともと手元を見た時にしか違和感は感じないけど)も気にならなくなり、コンタクト装用時と同じ感覚で見ることができたのでこれも値段なりの価値があると思います。カラーはOZ-2(薄いピンク)。なぜこのカラーにしたかというと、コントラストをはっきりとさせて、段差を見やすくするため。夜間運転も可能なレンズです。

カテゴリ:
パワートレーニングバイブルに載っていた方法で、パワープロフィールを分析しました。分析っていうか測定?
バイブルによると、FTP測定→パワープロフィール分析で自分の弱点を発見し、トレーニングで強化すると良いらしいですね。ただ、パワープロフィールってググってもあんまり出てこないからどうなんだろう。
 
□パワープロフィール分析
5秒ベスト:9.79倍
1分ベスト:7.07倍 
5分ベスト:4.71倍
FTP:178W4.02倍

5秒ベストがとんでもなく悪いスコア...パワープロファイリングの表に載ってないw つまり、untrained(non-racer)よりも悪いですね。そこらへん走っているママチャリのおっちゃんに負ける可能性があるってことだ。コレはヤバイ!5秒・1分ベストを「まずまず」まで持って行きたいですね。
ちなみに、パワープロフィールの表は検索するとめちゃ便利なのが出てくるのでそれを使っています。
弱点を把握することは出来ましたが、はたして強化できるのか...

□使用機材
Tacx SATORI Smart x SCOTT SPEEDSTER S25

 

シューズに穴を開けました。

カテゴリ:
突然ですが、私の使っているシューズはSCOTTのBOA TEAMです。正確な名前は忘れましたが、確かそんな感じ。サイズは最小の40サイズ。BOAシステムは泥が入ると掃除が面倒だぞ!

IMG_5819
シューズカバーつけてるから何が何だかわからないぞ
 
クリートを限界まで下げています。しかし、問題が。 

このページのトップヘ

見出し画像
×