カテゴリ

カテゴリ:パーツ類

喜多方600に向けて自転車を整備しました

カテゴリ:
長い間ブログを放置したらブログの書き方を忘れてしまいました。
放置している間にBRM801金太郎200とか新潟ヒルクライムに出走など、地味に走ってはいたんですが。
というわけで、今週末に行われるBRM919千葉600喜多方に向けて自転車を整備しました。


シフトワイヤー交換
 
ローラーでもりもりトレーニング(では無いけど)していたら切れました。バーテープ巻いて2日後に。
切れた場所は運悪く(そして予想通り)シフター内部です。9000/6800系はシフターの構造とポリマーコーティングワイヤーのせいでワイヤーが持たないと言われてますね。でも1年半は持ちました。シフター内部で切れた場合はブラケットフードを外してシフター下部を開くと簡単に取れるので覚えておくといつか役立ちます。

さて、NOAH RSはワイヤー内装&BBをはずさないとワイヤーが通せないというクソ設計で知られています。
ワイヤー内装の場合、何も考えないでシフトワイヤーを通すとダウンチューブ内でリアとフロントのワイヤーが絡まっちゃうことが非常に多いです。絡まっちゃうと変速が絶対決まらないです(多分)。

というわけで、ワイヤー内装フレームの場合はマグネットを使って誘導すると 通しやすかったりします。

 
まずテキトーにワイヤーを通してBB穴から出します。出てきたワイヤーにスピードセンサー用のマグネットを装着。シフトワイヤーの直径でもガッチリと固定できます。 で、固定できたらワイヤーを引っ張ってダウンチューブ上部の入り口まで戻します。

 
ダウンチューブ上部のシフトワイヤー入口まで戻ったら、他のマグネットを使ってフレームを挟んでくっつけます。あとは外にあるマグネットを動かせば同時にシフトワイヤー側のマグネットも動いて誘導できるというわけです。マグネットを使う技って常識らしいですが、このやり方でいいんですかね?多分邪道な感じですが、きちんと通ったので結果オーライです。 

ちなみにワイヤーは指定のポリマーコーティングワイヤーではなく、シマノのPTFEワイヤーを使っています。ポリマーコーティングワイヤーはコーティングを巻き付けてある分微妙に細いらしく(自分で調べてないのでわからないけどそうらしい)、耐久性が落ちているそうで。しかもあのコーティング、めちゃくちゃ剥げるしアウターワイヤーの中でコーティングのカスが詰まったりしててちょっと嫌な感じがあったんですよね。なのでPTFEにしました。操作感はほとんど変わりませんね。ポリマー新品に比べると若干重いかな?という感じですが、それでも全然軽いです。あとは耐久性。


BB下ワイヤーガイド交換
 
BB下のワイヤーガイドってすぐにぼろぼろになりますよね。雨風汚れにさらされているし、ワイヤー通る穴が微妙にズレててガイド自体がゴリゴリ削れていくし。というわけで交換します。

一応NOAH RSは専用のワイヤーガイドが必要なようです。が、よく見るとSHIMANOのケーブルガイドと形がそっくりなので、SHIMANOのものを切って使うことにしました。時間もないし。
ケーブルガイドとフレームのRが合わない場合は、ドライヤーで温めれば簡単に曲げられます。フレームを温めないように注意。

固定ビスの穴が小さかったので、これもリーマーか何かでゴリゴリ削りました。で、完成。

 
長さも自由に設定できるのでいい感じできました。紫色のケーブルガイドは低摩擦樹脂のもので、ちょっとだけ高級です。手触りも普通の樹脂とは違ってちょっとヌルヌル?した感じでいかにも低摩擦感を醸し出しています。  

APIDURAのサドルバッグを買いました

カテゴリ:
先日、購入するとかなんとか言っていましたが...

IMG_1947
APIDURA SADDLEBAG(COMPACT) 

購入したぞ!!APIDURA製サドルバッグ、サイズはコンパクトだワーイ∩∩ 
購入店舗は銀座VeloStyle TICKET、漢の定価買いだ!!(めちゃ丁寧に対応してくれました。サイズ違いも実際に装着して試させてくれましたし、装着方法もレクチャーしてもらえました。超おすすめです。ってか現在あんまりポン円が良くないので内外価格差が1500円ちょっとなので国内で買うのが吉かと。とくにホビット族はフレームとの相性ゴリゴリ出るからな!!!) 
なんでコンパクトかって?そりゃホビットの末裔だからな!!それ以上デカいと干渉しそうで怖いんだよ!!(実際はMediumは普通につきました)ってかブルベならコンパクトで十分でしょう。 

ブルベ用サドルバッグ探し

カテゴリ:
我らホビット族にとって、サドルバッグは大きな問題なのです。

 身を挺してバッグを守ってくれたよ

前回のブルベの記事でも書いたように、オルトリーブのサドルバッグ(L)が走行中にタイヤに擦ってしまいました。 頻繁に擦られちゃうと気が散るし、そもそも走行抵抗になってしまうので何とかしたい→サドルバッグを変えれば(買えば)いいんじゃね!?オレ天才だやったーー∩∩

eTrex用マウント考その2

カテゴリ:
前回、eTrex用のマウントを制作したのですが、今回はその続きです。

■予期せぬ問題
前回のマウンターはバンドをステムに固定するものでした。あとで発覚したのですが、この方式はある程度長いステム でないと固定できないという弱点を抱えています。というのも、NOAHに取り付けている70mmステムに固定すると、バンドがフレームに干渉してしまうんですね。ですから、また新しい方法を考えなければいけません。

■簡単な解決策
ステムに取り付けられないのなら、ハンドルに固定すればいいじゃん!そもそも あのバンド(ミノウラ製スペースマウント)ってハンドルにつけるのを想定してるでしょ、ってことで改良版がコレ。
2014-10-14-20-17-51
L字の金折れをいつものクリートネジで固定。ロックタイトを併用して絶対に緩まないように喝を入れています。L字を使う理由は、少しでもマウント位置を下げるため。eTrex自体がかさばるので、上の方にあると見た目が悪いんですよね。eTrex用の純正マウンターを取り付ける位置には自己融着テープを巻いてグリップ力を確保。その上からインシュロックで固定しています。 ストラップはハンドルに括りつけて万が一のときに落ちないようにする命綱代わりです。

2014-10-14-20-10-30
実際に取り付けるとこんな感じになります。いつものedge用アウトフロントマウントはそのまま、横に取り付けています。ステムマウント方式に比べハンドル周りが多少ごちゃごちゃするのですが、 剛性は高いのでさらに耐久性が向上しています(多分)

2014-10-14-20-10-06
edgeとeTrexはギリギリ触れ合っていません。ボタンも何とか操作可能なので、しばらくはコレでテストして見ることにしましょう 。今週末は東京湾一周という名の耐久テストを行ってきます。

eTrex用マウント考

カテゴリ:
ロングライドやブルベで大活躍する(であろう)eTrexのお話。私はeTrex20を使っていますが、単三電池2本で25時間駆動できて防水もバッチリなどとにかく便利です。しかし、本体が重くかさばるのでマウントに困ります。

◾︎今までのマウント
いわゆるコンピューターステーにガーミンの純正自転車用マウントを利用し固定。タイラップで固定しているものの振動で回ってしまいいつのまにか真っ逆さまになることが数多くありまして。そして先日、負荷に耐えかねたステーが根元から破断…というものです。

◾︎自作?マウント
自作にあたっての条件は以下の通り。
・丈夫であること
・回転しないこと
・見やすいこと
というわけで、考えたのがコレ。
2014-09-30-23-17-46

2014-09-30-23-17-52

このステーをステムにタイラップで固定すれば完成なんですが、耐久性ゼロでした。しっかりと固定できません。やっぱりネジで固定しないと耐久性が足りないみたいです。そこで考えたのが
・ステムの固定ネジに共止め
・ステムに穴を開ける
なんですが、どちらも却下。ステムが破損すれば命に関わるので、出来る限りステム周りはいじりたくない。というわけでまた考えたところ…
2014-10-01-12-53-34

ミノウラのスペースマウントにたどり着きました。3Tのステムに着くことは以前より確認済みです。これならネジで固定できる!と購入。
2014-10-01-13-10-11

穴はM5サイズなので、手元にあったクリートの固定ネジを流用。クリートのネジは頭の部分が大きく、ワッシャーがわりになるので一石二鳥ですね。
2014-10-01-13-07-00

SCOTTにつけてみました。視認性は良いのですが、振動で結構跳ねます。耐久性をこれから試してみて、という感じですかね。

このページのトップヘ

見出し画像
×